法律の交通事故の責任

交通事故の法律で定めらた責任

交通事故加害者の法律の賠償責任

交通事故を起こしてしまうと、加害者は相手に対して賠償責任を負うことが法律で定められています。そして、被害者になってしまった人が最低限の救済を受けられるように、国では自賠責保険の制度を作ってすべての車両に契約の義務があることを法律で定めています。自賠責保険には補償の範囲や限度が定められていて、自賠責保険てはカバーできない賠償責任を補償する目的で契約するのが任意保険です。もしも交通事故を起こしてしまったら、まずは自賠責保険で相手に対する賠償金を支払い、自賠責保険では足りない分は任意保険の適用を受けます。

交通事故の責任の所在

交通事故による被害を受けた場合には、法律のプロである弁護士に相談したほうが、トラブルを解決することがしやすくなります。相手に対して金銭賠償を求める前に示談交渉をする段階でも、法的な主張を的確に行うことで、相手を納得させることができます。その結果、わざわざ訴訟にならなくても、金銭賠償を受けることが可能となります。また、仮に交通事故の示談交渉がまとまらなく裁判となっても、適切な法律上の主張をして、相手の反論を切り崩していけるため、少なくとも自分で訴訟活動をする場合に比べて、勝訴の見込みが高くなります。

↑PAGE TOP