後遺障害認定を相談

後遺障害なら弁護士に

交通事故の後遺障害認定を相談

交通事故で怪我をし、その怪我が治ってからも回復の見込みが持てない固定症状が残ってしまう症例があります。その症状によって要介護など生活に支障が出たり、労働能力に影響すると後遺障害として認定されます。後遺障害には等級があり、程度や内容がわかるようになっています。後遺障害が残ってしまったら、等級の認定を受けることで後遺障害分の慰謝料や失う収入としての逸失利益を相手に損害賠償請求できます。後遺障害の等級は賠償金額を左右しますので、認定申請では交通事故専門の弁護士の先生に相談するのが一番です。

↑PAGE TOP