相続に強い弁護士

相続の問題は弁護士へ

相続における弁護士の役割

人が亡くなると、財産は民法の規定と遺言に従って相続されます。その際、不動産などの所有権移転登記は司法書士、税金の計算、申告は税理士が行うことができますが、相続人間の協議を調整するのは法律行為なので、弁護士の専管業務です。 遺言通りなど、だれが何を受け取るかが決まっていて、登記をするだけなら司法書士、税金の申告をするだけなら税理士に依頼すればいいですが、親族間の誤解やいさかいがないように、内容の調整をしてもらうなら、公平で法律知識がある弁護士が適任です。

↑PAGE TOP